出張写真撮影の名古屋の使える写真館です。

 

レンズ交換式のカメラにはミラーレス一眼と一眼レフカメラがあります。

どちらを選べばいいのでしょうか?

それぞれの特徴と用途について考えてみます。

一眼レフカメラとミラーレスカメラの一番大きな違いは

カメラ本体の大きさです。

一眼レフカメラの方が、重くカメラ本体に厚みがあります。

これは一眼レフカメラの仕組みに基づいています。

一眼レフカメラをお持ちの方は見たことがあるかもしれませんが、

カメラ本体に「鏡」が入っています。

一眼レフカメラは、レンズからの映像をこの「鏡」に反射させて

ファインダーに写しています。

シャッターを切った時に、この「鏡」が跳ね上がり、

鏡の後ろについている撮影素子にレンズを通ってきた映像が

写り、写真になります。

この機構が、カメラ本体に厚みがでる理由です。

ミラーレス一眼は、この「鏡」がついていないカメラの事を指します。

「鏡」が無い分、カメラ本体の幅を薄く作ることができます。

一眼レフとミラーレス一眼を比べた時の差は、撮影素子の大きさの違い

でした。(撮影素子の大きさについて

つまり、一眼レフの方が撮影素子が大きく、画質に優れているのです。

しかし、現在はそれも崩れつつあります。

ソニーが発売しているNEXシリーズのように、撮影素子が一眼レフ並み

のミラーレスも発売されています。

NEXシリーズの撮影素子は、APS-Cサイズで一般的なデジタル一眼レフカメラと

同じ大きさです。

それでいて、本体の重さは250g(レンズ除く)以下とかなり軽量です。

 

もちろん、プロ機にはまだまだ及びません。

カメラを持ち運ぶのに抵抗を感じている人であれば、バックに入れても邪魔に

ならず、サッと取り出せ、そこそこ画質が良いミラーレスカメラであれば、

一般ユーザーなら選択肢として「有り」だと思います。

古い考え方を持つ人は、「邪道だ!」というかもしれませんが、

私としては、カメラを持ち歩き写真を撮ることが、写真の面白さを知る第一歩だと

思ってるので全く抵抗を感じません。

ただ、ひとつだけ弱点があります。

それはレンズの豊富さです。

デジタル一眼レフは、昔の一眼レフカメラのレンズがそのまま使えます。

長い歴史があるので、レンズの種類はとても多いです。

一方でミラーレス一眼は、登場してからまだ10年も経っていません。

そのため、レンズの種類があまり豊富ではありません。

レンズ交換式カメラの面白さは、色んなレンズを使って楽しめると

いうことなのでこれが唯一の弱点でしょう。

ミラーレス一眼は売上を伸ばしており、各社とも力を入れています。

今後は、徐々にそのラインナップも増えていくでしょう。

結論を言うと、今現在であればミラーレス一眼はお勧めです。

昔は進められなかったのですが、今はかなり進化しているので、

カメラを始める人の選択肢として十分に有効だと思います。