出張写真撮影の名古屋の使える写真館です。

 

F値についてはこれまでに何度か解説しました。

最後に被写界深度に関してお伝えします。

被写界深度とは、ピントが合っている奥行きのことです。

写真のボケととても深い関係があります。

ピントが合う奥行きが多い(被写界深度が深い)と、背景までしっかりとピントが合った写真が撮れます。

逆にピントが合う奥行が少ない(被写界深度が浅い)と、ピントが合っている部分以外の背景がボケた

写真になります。

下の写真は被写界深度が浅い写真です。

ピントが合っているのは、指先やシャープペンの先の辺りです。

その前後は、ボケているのが分かると思います。

被写界深度を工夫することで、写真の中で注目してほしいものに

視線を集めることができます。

以前、写真の主役に注目を集める方法をお伝えしましたが、

構図とともに、被写界深度を工夫することで、写真に写っている

主役を引き立たせることも可能です。

写真のボケやすさは、撮影素子の大きさと関係しているので、

上記のような写真は、スマートフォンで撮ることは不可能です。

一眼レフなどの撮影素子の大きなカメラが有利です。