さて今回は、今回はスマホでの写真撮影に役立つ周辺機器についてご紹介いたします。

そもそも、なぜプロカメラマンがスマホを紹介するのか?

それは、スマホ自体の撮影性能が格段に上がってきているからです。

ある一定条件の写真だったら、もう一眼レフはいらないと言ってもいいでしょう。

 

まずスマホの周辺機器で言えば、カメラマンである私の最も興味のあるものは、やっぱりレンズ!
一眼レフでは、なかなか高価で手が出せないレンズも、実はスマホのレンズならとーーってもお値打ちなんです。

 

一眼レフのレンズは安い物でも数万円。一通りそろえるとあっという間に10万円は超えます。

しかし、スマホ用レンズは安い。だいたい数千円台です。全部そろえても2万円でおつりがくるでしょう。

なんと安いものでは100円で買えると言うから驚きです。

安いからと言って侮れません。

 

辛口評価で有名な某批評紙で100円均一で販売しているスマホレンズが注目ランキングに入っていました。

逆に中にはスマホのアクセサリーなのに1万円を超える超えの高級品も存在します。

今回はお値打ちな物だけご紹介させていただきたいと思います。

スマホ用レンズの種類

 

レンズの種類を大まかに分けると次の5つに分かれます。

  1. 望遠
  2. 標準
  3. 広角
  4. マクロ
  5. 魚眼

 

実はスマホ用のレンズもこの代表的な種類を網羅しており、最近では普通のスマホ写真のクオリティを

更に高めるために、スマホ用レンズ利用者がSNSでもじわじわ増えているようです。

しかも今このスマホレンズに大注目すべきはもう一点あります。

 

以前はスマホ用レンズは、機種専用の事が多く、機種変更をすると使えなくなる事も多かったです。

しかし、今は対応機種も増えたので、スマホを変更しても使用出来るものが増えています。

さらに、今は取り付け方もぐっと簡単です。とても便利になりました♪

スマホ用広角レンズ

まず、スマホのカメラは元々広角寄りになっています。画角についてはこちらをご覧ください。

そこから更に広角にしてしまおう!という事がスマホ用レンズでできます。

 

広角レンズ(スマホ)もっとも私が注目したのは、
1つ目はTaoTronicsのカメラレンズキット(TT-SH014)

 

もう1製品はQtopの広角レンズ(カメラレンズキット)

 

プロカメラマンの目から見てこのレンズを選んだ決め手は、

  1. 広角ならではの遠近感と写る範囲の大きさ。
  2. 画質が良いこと

さらに、このレンズキットは、広角レンズだけでは無く魚眼&マクロまでついています!1個で3度お得・・・・

仮にこれを一眼レフで揃えようとすると、あっという間に何十万円も必要なのでスマホレンズの安さと性能

に衝撃すぎて震えます。しかも、レンズにはキャップもついているのでホコリなどの対策も万全です。

 

ユーザーからの評価を見てみると、、、
アマゾンでカスタマーレビューを見てみても星が4つ以上とかなり好評価。
ユーザーも他の人に是非おすすめしたいという商品でした。

 

他にももっと安く何百円台からスマホ用のレンズは販売されていますが、こちらの二つは

他のレンズに比べ高画質、広角ならではの遠近感も期待できます。
専門的にいうと、広角レンズとはいえ、画質を優先すると広角の特徴が薄れてしまいます。

写真の四隅の解像度が著しく低下します。

 

その点を踏まえてみても、この2つのスマホ用レンズは、画質・解像度・広角ならではの遠近感の

どれをとってもかなり優秀といえます。

 

スマホ専用のレンズは、通常クリップで挟む対応が主流ですがクリップの使用感も良く何よりもデザインが、女性私好みだったので挙げさせて頂きました(笑)レンズ自体は結構大きめです。

スマホ用のマクロレンズ

続いてはマクロレンズです。
TaoTronicsのマクロレンズがこちらでも私のツボをつきました。

こちらは先ほど紹介したレンズキットに入ってます。

 

2つ目はTecbillion、こちらはな、なんと1,000円切りました。799円です。

プロカメラマンから見たこのレンズを選んだ決め手は、被写体の拡大倍率と画質です。

 

スマホ用で有名なマクロレンズもありますが、こちらの2つは何よりもマクロレンズで一番大切な

拡大倍率が大きいのが特徴です。特にTaoTronicsに関してはトップレベルの拡大率。

 

マクロレンズの拡大率とは、簡単にいうとどれだけ寄って撮ることができるかということです。

拡大率が大きければ大きいほど、被写体に近寄って撮ることができ、マクロレンズの良さを最大限に楽しめます。

 

注意点としては、性能が良すぎるので、ピント合わせがとてもシビアです。

ピント合わせが難しいということは、ブレが起きやすくなります。

三脚などでしっかりと固定をしたほうが方が良いかもしれません。
スマホ用の三脚もご紹介します。


相当安い物もありますが、不安定だったり、倒れてしまうことあってスマホを破損する恐れがあります。

ある程度しっかりしたものを選びましょう。

 

ただ、三脚も一眼レフ用だと数万円は確実にします。

スマホ用なら三脚なら2,000円もあれば、お釣りがでます。

 

ここまで4製品紹介させていただきましたが・・いやー凄い時代です。

プロカメラマンの目から見ても、用途次第では本当に一眼レフもはや必要ないんじゃ・・・。

と感じる程の充実ぶりです。

スマホ用の望遠レンズ

お次に望遠レンズです。

望遠レンズに関しては、先ほどの広角レンズやマクロレンズと違い、画質などのレンズの性能以外にもう少し考えることがあります。一眼レフカメラの望遠レンズと同じようにレンズのボディが少し大きくなります。

そのため、次の2点がポイントになります。

  1. レンズクリップの安定性
  2. ズーム率

上記を踏まえて総合的に比較してみると、望遠レンズは性能で大きく分かれました。

高倍率のスマホ用望遠レンズ

まず一製品目はASPALANDの倍率16倍レンズ。

スマホ用レンズとは思えないくらい見た目が相当ゴツイです。

お値段もやや高価、セットでは無く単体のお値段ですので、広角やマクロなどと比べると少々割高ですが、16倍というかなりの高倍率です。他の望遠レンズよりも大きく重いのでピントが合わせにくいという事が難点。

 

スマホでとにかく被写体に寄りたいという方におすすめです。

ただし、やはりピントが合わせにくい傾向がありました。

望遠に関しては一眼レフに軍配があがります。

 

スマホ用魚眼レンズ

こちらは、断然スマホユーザーに持ってほしいレンズだと思いました。

なぜなら、通常の一眼レフでの魚眼レンズ(フィッシュアイ)は持っている事で表現方法は広がる楽しさはあります。

 

ですが、あまりにも特殊なので出張写真の現場ではほとんど出番がありません。

特に出張写真では、持って行ける荷物が限られるので、魚眼レンズは出番も少ないため消去法で外してしまいます。

その点スマホレンズなら小さくて持ち運びも楽。

 

いつでもどこでも面白いアイディアを形にする事が出来るのかなーと思っています。

さて、プロカメラマンがお勧めするスマホ用魚眼レンズは
数あるスマホ用魚眼レンズの中で目に留まったのは1製品でした。

その製品は、断然AUKEYの魚眼レンズ。

こちらのレンズは軍を抜いて特徴が有ります。それは、何と超広角で180度を超える画角です。180度を超えているので、自分の指まで写ってしまうかも?!というくらいの驚きの性能です。

 

せっかくスマホで面白い写真を撮りたい!と思うなら絶対この製品だと思い1つに絞ってみました。

ちなみに優秀なスマホ用魚眼レンズは円周魚眼と言って中央に円形の被写体が写るものが多かったです。

 

スマホ用レンズで遊んでみよう!

さてここまで足早に紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今やスマホの周辺機器の性能や種類は多種多様になってきました。
手軽に持ち運べる分、様々な作品を作る事も出来きスマホ版レンズ沼状態です。

 

スマホで撮影した写真ならSNSにアップする事も簡単なので

是非一度試してみてはいかがでしょうか♪

出張写真撮影のご相談・お申込み

出張写真のご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。

使える写真館では、スマホへの納品も承っています。

撮ってもらった写真をすぐにSNSにアップしたい、写真を自分の

思い通りに加工したい場合は、ぜひご利用ください。

スマホに納品

直接ご相談したい場合はお電話または専用フォームからどうぞ。

電話番号052-766-6794
お問合わせフォームへ