出張写真撮影の名古屋の使える写真館です。

 

写真に写るとき、印象がどうやって決まるかご存知でしょうか?

写真をパッと見て真っ先に入ってくる情報が最初に強い印象を

与えます。

仕事がら、出張撮影で野外においてプロフィール写真を撮ることが多い

のですが、大体の方が欲しいイメージは明るいイメージです。

野外で撮影をするのでなお更ですね。

そういう場合、気を付けるべきところは服の色です。

明るい色の服を着るだけで、その人自身が明るい印象になります。

特に男性の場合、スーツを着て写真を撮る場合が多いのですが、

写真の男性のように、明るい色のスーツやジャケットにすると、

明るい雰囲気を出すことができます。

ただし、職業によっては、硬いイメージなどが必要なとき

もありますので、臨機応変に。

冬でもできるだけ明るい色がお勧めです。

「冬」というだけで、暗く冷たいイメージになるので、

そういったことを連想させないように、写真撮影のときは

なるべく明るい色を取りいれます。

明るい色を使うメリットはもう一つあります。

それはレフ板効果です。

明るい色のほうが光を反射しやすいので、顔も明るく写りやすく

なります。