出張写真撮影の名古屋の使える写真館です。

 

一眼レフカメラで撮る写真の最大の魅力が、背景のぼかしです。

ボカしとは、ピントが合っているところ以外をぼやけさせることです。

全体がはっきりと写っていると、写真を見た時に目線が定まりません。

しかし、ボカしのテクニックを使えば、ピントが合った部分をより引き立たせることができます。

背景をボカしたグラビアのような写真を撮るには基本的に次のような条件があります。

  1. 一眼レフカメラであること
  2. F値が小さいこと

この2つに共通するのが被写界深度です。

被写界深度とは、ピントの合っている奥行きのことです。

被写界深度が浅ければ浅いほど、ピントがあう範囲が狭くなります。

つまり、被写体を除く部分がボケるのです。

被写界深度を浅くするためには、センサーサイズを大きくすることと

F値を小さくして、絞りを開ける方法があります。

コンパクトカメラやスマートフォンは、写真が写るセンサーサイズが圧倒的に

小さいので背景がぼかしにくいです。

原理的にセンサーサイズが小さくなればなるほど、被写界深度は深くなるからです。

また、F値の小さい明るいレンズも一眼レフに多いです。

背景を手軽にボカす方法

F値の小さいレンズは、価格が高い高級品が多いです。

そんなレンズは買えない・・・

という人のために、手持ちのズームレンズだけで、背景をボカす方法があります。

それは、焦点距離を長くする=望遠にすることです。

同じ被写体を撮る時に、わざと遠くから撮って、望遠にします。

すると、被写体以外の背景をボカすことができます。

コンパクトカメラなどで背景をボカした写真を撮りたい方はぜひ試して

みてください。

スマートフォンの進化

スマートフォンのカメラ機能の進化がすさまじいです。

F値が1.8と一眼レフカメラ並みのものから、アプリでボカし効果が作れるものまで

出てきています。お手軽な撮影であれば、一眼レフじゃなくてもスマートフォンで十分

対応できそうだというのがプロから見ても実感します。

しかし、被写体にピントがしっかりと合っていて、

背景葉バッチリボケている写真は、一眼レフにかないませんし、プロの技だと思います。

普段の写真はスマホで、ここぞ!という写真は、プロにお任せください(笑

 

出張写真撮影のご相談・お申込み

出張写真のご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。

直接ご相談したい場合はお電話または専用フォームからどうぞ。

電話番号052-766-6794

お問合わせフォームへ